どういう手法で危険の確率

ありふれたはじめたばかりの人向けのFX投資のテキストでは「損失が生じたケースではナンピン買いによってポジション全体の買い付けコストをコントロールする」と助言されていたりする事もありますが現実的にはここには目に見えない危険があると思います。つやつや習慣最安値

最初に、ナンピン買いの原理について易しく述べます。足 痩せたい

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。ララスリムをモニターで購入できる通販はこちら

ドル買いなのでドル高になればなるほど黒字が大きくなりますが1ドルが95円まで円高ドル安に推移したとします。かに本舗 評判

その場面で持ち続けたとしたら、マイナスをなくすためには、損した分、円安が進まなければなりません。犬 うんちを食べる

誰もが、損は早く取り戻したい思うでしょう。自動車ローン&リースの審査

この状況を乗り切るため最初にエントリーしたのと同じ分の$(ドル)を1ドル=95円で取引します。http://hikkoshigyosha-osusume.com/hyogoken/itamishi3

それによって、全体の価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。湘南美容外科 横浜

すなわち、2円50銭の幅で円安ドル高が進めば、損を取り戻す事が出来ます。http://nikukyu-op4.seesaa.net/

これが、ナンピン買いの理論です。勤勉な人

このとおり、ナンピン買いの理論を理解すると、「納得だ」と考えるが、為替相場はそう簡単に思った通りにはなりません。

初めから、1ドル95円が底だということなど誰も予想できません。

仮定として、相場が相当のドル安動向だとすると1ドル95円では下げ止まらずにより一層円高ドル安が進むリスクは高くなります。

仮定として、97円50銭でナンピン買いをして、95円まで円高ドル安に進んだらナンピンしたポジションにも、赤字が生まれます。

この状態では、一番初めに買ったドルと一緒により大きな差損が生まれる事になります。

この例のように、ナンピンは厄介です。

それなら、マーケットが脚本とは別の方向にさっさと進んだ場合、どういう手法で危険の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

この場面では選択できる方法は限られています。

まずひとつめはあきらめて、損切りをすること。

もうひとつの方法としてはその段階で、自分が所持している買いポジションを減らす事で再度市場が回復するのを大人しく待機する事だけです。

大人しい手段だと考える投資家もいるでしょう。

けれども、自分の持っているポジションに為替差損が生まれた場合、効果のある方法はこれよりいいものはありません。

当然、理論としては、ナンピン買いするという対策も有効です。

しかしナンピン買いは、自分自身が損をしているにもかかわらずポジションを無くすどころか、ポジションを重ねていく考え方です。

これでは、危険性を避けることなどどう考えても無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピン買いを続けられればその内損を取り返せるかもしれません。

だがしかし、その前にお金がショートしてしまいます。

Copyright © 1996 www.placestefoyquebec.com All Rights Reserved.