本当にやってみたら簡単に頭に入ってくると思いますがそれで

自動車を持っている人でしたら分かっていると思いますが自動車税という税金を支払う義務があります。

そして自動車税は手放す車の売却の際に一般的に還ってくるお金なのです。

このことは本当にやってみたら簡単に頭に入ってくると思いますがそれでは一から流れを案内しましょう。

ちなみに補足させて頂けば、国内の車に限らず外車も税金が戻ってくる範囲に決まってます。

当然所有車などもそうです。

自動車税はクルマを所有している人が支払い義務を負うお金で、これは車の排気量により決定されます。

1リッターより小さいならば29500円、1リッターから1.5リッターまでだと34500円。

これからは500cc刻みで5000円増加します。

それからこれは4月1日現在ので車を保有している人が来年3月までの税額を納めることになります。

ということは前払いということですから、当然ですが自動車を買取してもらって、所有権がなくなったケースはその分の税額は返還されるんですね。

この自動車税というのは前払いで年度内の全額を払いますので、その年度内にクルマを売却した場合は買い取ったオーナーがこの税の納付義務を負うということです。

買取先が買取専門業者なら買い取り時にあなたが前払いしている分のお金を返金してもらえます。

まとめると、所有権を手放した日より後の自動車税は新しい所有者が支払わなければならないのです。

あなたが10月中に車を売却したのであれば、11月以降翌年3月中までの税金は還付されます。

それは前述の通り自動車税の場合は先払いであるという事実から来ています。

要は前所有者は買取先に払いすぎた税金を返してもらうということになります。

個人でクルマを売買する場合には、意外にこの事実に気付かない方がいますため確かめるようにすることです。

自動車税という税金は車を売った際に返ってくるということをほとんど知らない人が多い事を利用してその状況を隠す買取業者もあるのです。

こちらから返金についての話題を出さなければ一切そのことには言わないということもよく聞きます。

ですので自動車の買い取りをお願いする際には、払いすぎた税金が返金されるかどうかの確認をおろそかにしないようにしましょう。

Link

Copyright © 1996 www.placestefoyquebec.com All Rights Reserved.