みていると通貨の為替レートのニュースが流れる状況があります

「スプレッド」とは外為取引は外貨を買ったり、売ったりすることによって利益を生み出す商品です。78-8-101

売買の注文の値は常時変動しています。78-20-101

これが為替相場です。78-4-101

テレビのニュースをみていると通貨の為替レートのニュースが流れる状況があります。78-11-101

よく見るのが「今のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。78-10-101

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表現しています。78-12-101

別の表現をすると売買には買いと売りの値が存在している事を表しています。78-3-101

売値、買値の事を別の言い方で提示している取引会社もあります。78-6-101

普通は売値のほうが買値よりも低く決められています。78-1-101

自分が買うときには高く、売るときには安くなるものです。78-19-101

その差をスプレッドといい取引会社の稼ぎのひとつとされています。

スプレッドの広さは取引会社によって変化します。

スプレッドの狭さは投資家にとって負担になるので小さい取引会社をセレクトするほうが有益です。

ただ、同じFX会社でも場面によってスプレッドは大きくなったり小さくなったりします。

仮に普段はドル円のペアでたった1銭のスプレッドの広さであるとしても、相場の変動が激しいときには1銭よりも大きくなったりする場合があります。

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと合わせて、変化が小さいのが不可欠です。

今では動かないスプレッドを提示する業者もたくさん存在します。

実際にFX取引会社の売買画面の上で本当のレートを確かめなければ判別できないのでやっかいですがとても大事な事です。

大切な投資資金を使って売買するわけですから実際のエントリーの前に、心惹かれた業者の取引するための口座開設をいくつもして表示されているスプレッドの幅を確かめましょう。

同じ通貨ペアでも、その時点の為替相場の条件によって通貨のスプレッドの狭さは異なります。

通常、インターバンク市場で売買高が多い通貨ではスプレッドが狭く、別の通貨ペアではスプレッドの幅が広がる傾向にあります。

Copyright © 1996 www.placestefoyquebec.com All Rights Reserved.
78-17-101 78-9-101 78-16-101 78-2-101 78-13-101