住んでいるところ

予想外に思いがけず出あってしまうのが自動車の事故です。

その場面でどう行動した内容によって保険料の額も相当大きく異なる場合も想定されますので考えと対策が必要です。

考えていない出来事に気が動転してしまえば状況を見落してしまいそれから己がかなり大きな損をしてしまう場面も考えられるので交通事故をした場合は的確に以下に述べる作業するとよいかもしれません。

交通事故を起こした場面でまずするべきは負傷した方がいるかどうかのかを確認する必要があります。

交通事故のすぐ後は頭が混乱して虚脱状態になってしまう場合がありすぐには動けないのが当たり前です。

ですから、怪我をした人がいた場合は安全な場所に運んでから処置を行い、周りに助けを呼ぶなどして要救助者の最優先に努めましょう。

119番に連絡する状況では正確な事故の場所を知らせて、不確かな状況では目に留まったスーパーや交差点名を連絡してその位置を特定できるようにします。

その後で警察署に電話して自動車事故が起こった事また様子を連絡します。

救急車とパトカーが来るのを待っている間に相手側の身元を確かめます。

氏名、住んでいるところ、免許車のプレート相手側の保険会社名等互いの内容を教えます。

この場面で事故の相手に不手際があったような場合は事故現場でやりくりしようとする場合がありますが即刻やり取りするのではなくどういった時にかかわらず110番や自動車保険会社に届け、正確に調査してもらうことが重要です。

各々の内容を教えあったら他の人の邪魔にならないために障害となる物を道路の上からどけます。

もしも障害になる物が車の妨げになっている場合は、お互いの情報を交換する前にこの作業を行うことは構いません。

この後に自身が加盟している保険屋さんに連絡して、自動車事故が起きた事を連絡します。

事故から一定の期間内で車の保険会社に報告していないと自動車保険の適用外となるケースも想定されるので可能な限り遅れることなく行動することが重要です。

また交通事故の跡としてカメラや携帯のカメラなどを用いて事故や自動車の破損の様子が分かる写真をを撮影しておきます。

この写真は責任の割合決定する際に役割となるので己の愛車や相手の車の壊れた箇所を的確に手がかりとして残しておきましょう。

その際に目撃者がいたらおまわりさんや保険屋さんの人が辿り着くまで一緒にそのままいてもらうように呼びかけることも必要不可欠です。

Link

Copyright © 1996 www.placestefoyquebec.com All Rights Reserved.